API 定義のアップロードによる API インスタンスの作成

コンピュータから API 定義をアップロードして、新しい API インスタンスを作成できます。
新しくアップロードされた API 定義は、その後 Exchange で利用できるようになります。

  1. Anypoint Platform にログインし、​[API Manager]​ をクリックします。

  2. [API Administration (API 管理)]​ タブで、​[Manage API (API を管理)]​ および ​[Create New API (新しい API を作成)]​ を選択します。

    create new api task 76f47
  3. [Name (名前)]​ 項目を使用して、API 定義アセットの名前を入力します。

  4. [Asset Types (アセットタイプ)]​ ドロップダウンメニューを使用して、API 定義種別を選択します。

    • REST-API OAS

    • SOAP-API WSDL

    • HTTP API

  5. [File Upload (ファイルのアップロード)]​ 項目で、​[Choose file (ファイルを選択)]​ をクリックし、アップロードするドライブから API 定義ファイルを選択します。

    • REST API - OAS ​ アセットタイプをアップロードする場合、​.json​ または ​.yaml​ ファイルをアップロードする必要があります。

    • SOAP API - WSDL ​ アセットタイプをアップロードする場合、​.wsdl​ または ​.xml​ ファイルをアップロードする必要があります。

      ZIP ファイルで圧縮された API 定義をアップロードできます。ZIP ファイルをアップロードする場合、少なくとも 1 つのメインファイルがルートディレクトリに含まれていることを確認し、​[Main File (メインファイル)]​ 項目を使用してメインファイルを選択します。

      また、​[Advanced (詳細)]​ をクリックし、アップロードするアセットの ​ GroupIdAssetId ​、​ Version ​ を編集します。

  6. [Continue (続行)]​ をクリックします。
    これにより、API 定義が Exchange にアップロードされ、[Endpoint configuration (エンドポイント設定)] 画面に移動します。
    API インスタンスのエンドポイントを設定する方法については、​「API Manager における API インスタンスエンドポイントの設定」​セクションの手順を参照してください。

  7. エンドポイントを設定したら、​[Save (保存)]​ をクリックします。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub