環境にアクセスするための権限の付与

「API Manager 環境管理者」権限を持つユーザは、環境内の API Manager 操作にフルアクセスできます。API Manager 環境管理者は、API Manager 内のアクションにのみ関連します。

権限を変更するには、Anypoint Platform のアクセス管理機能にアクセスできる必要があります。

API Manager では、これ以外にも環境の詳細な権限がサポートされています。

  • API プロキシのデプロイ​ - API プロキシのデプロイまたは再デプロイを行います。Runtime Manager と ハイブリッドのアクセス権が必要です。このロールでは、API Manager からのデプロイメントアクセスが有効になりますが、Runtime Manager またはハイブリッドの連動関係のため、デプロイメントの成功は保証できません。

  • アラートの管理​ - アラートの作成、編集、削除を行います。

  • API 設定の管理​ - Exchange から API をインポートします。この権限を持つユーザは、API を別の環境に昇格したり、API の設定を編集したり、API を削除したりすることもできます。

    これは環境ごとの権限です。API の表示を組織内の特定のユーザに制限することはできません。

  • コントラクトの管理​ - コントラクトのデプロイ、拒否、失効を行います。また、この権限は層を超えてユーザに付与されます。

  • ポリシーの管理​ - ポリシーの作成、編集、削除、有効化、無効化を行います。また、ユーザはポリシーの順序を編集することもできます。

  • アラートの表示​ - アラートをリストしたり、アラートの設定の概要を表示したりします。

  • API 設定の表示​ - API をリストしたり、API の設定の概要を表示したり、プロキシをダウンロードしたりします。

    これは環境ごとの権限です。API の表示を組織内の特定のユーザに制限することはできません。

  • コントラクトの表示​ - コントラクトとそれらの設定を表示します。SLA 層とそれらの設定をリストすることもできます。

  • ポリシーの表示​ - ポリシーのリストを表示したり、ポリシーの設定を表示したりします。

これらの権限は、API ではなく環境を対象としており、API Manager 内のアクションのみに関連します。

権限のリレーションは次のとおりです。

権限のリレーション

環境管理者は、すべての機能および権限にアクセスできます。 その他の場合、外側の権限が内側の権限に権限を付与します。 たとえば、「アラートの管理」は、「アラートの表示」と「API 設定の表示」に権限を付与します。

権限の付与

  1. [Access Management (アクセス管理)] > [Users (ユーザ)] >​ [<権限を付与するユーザ>] ​> [API Manager] > [Permissions (権限)] をクリックします。

  2. ユーザの権限を選択し、青色のプラスアイコン 青色のプラスアイコン をクリックして権限を保存します。

[Access Mgmt (アクセス管理)] で権限を設定する方法

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub