API アラートのテスト

この手順では、要求数アラートをテストする方法について説明します。この手順では、次の準備が必要です。

  1. API をデザインします。

  2. API を Exchange にパブリッシュします。

  3. API Manager で、Exchange から API を管理します。

  4. API インスタンスのプロキシを CloudHub にデプロイします。

  5. 連続する 1 分以上の要求数が 1 より大きくなるように、レート制限ポリシーを API に適用します。

  6. アラートの追加方法についてのトピックで説明したようにアラートを追加します。

  7. API をコールします。

  8. API を 2 回再コールします (ページを再読み込み)。API をコールして 1 分以内に再コールすると ​API calls exceeded​ が表示されることを確認します。1 分以内にさらにページの再読み込み操作を行っても効果はありません。

  9. アラートを追加したときにメール通知で選択したユーザが、実際にメール通知を受信することを確認します。

  10. アラートが解決されたことを確認します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub