API Manager における別の環境への API インスタンスの昇格

Anypoint Platform コンポーネントの緊密な統合により、環境の使用が API 管理まで拡張されます。この手順では API の環境を変更します。

注意:​ API を昇格するには「API 設定の管理」権限が必要です。さらに、エンティティを参照および管理する権限を設定するための「アクセス管理」権限が必要です。ソースを参照する権限と各エンティティの宛先を管理する権限がある場合、エンティティ (ポリシー、アラートなど) のみを昇格できます。一般的な参照権限は、​「環境にアクセスする権限の付与方法」​で説明したように「API 設定の参照」と「ポリシーの参照」です。続行する前に必要に応じて権限を設定します。

  1. API Manager の [API Administration (API 管理)] で、[Promote From Environment (環境から昇格)] をクリックします。

  2. [Promote From Environment (環境から昇格)] の [Source Environment (ソース環境)] で、昇格する API の環境を選択します。

  3. [API] で、ソース環境の API のリストから API を選択します。

  4. [API Version (API バージョン)] で、API のバージョンを選択します。

  5. インスタンスを作成した場合は、[API instance label (API インスタンス表示ラベル)] で API インスタンス名を選択します (省略可能)。

  6. 昇格に含めるエンティティとして [Policies (ポリシー)]、[SLAs (SLA)]、[Alerts (アラート)]、[API Configuration (API 設定)] を選択または選択解除します。

  7. [Promote (昇格)] をクリックします。

注意​: API の昇格は API 定義にのみ影響します。API にサブスクライブしている既存のデプロイ済みアプリケーションには影響しません。昇格後、API 名はそのままですが、API バージョンが変更されます。

昇格した API にサブスクライブする必要がある既存のアプリケーションの場合は、次の変更を行う必要があります。

  1. API バージョンを更新する。

  2. クライアント ID とシークレットは環境ごとに異なるため、アプリケーションのクライアント ID とシークレットを更新する。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!