Exchange 公開ポータル

Exchange 公開ポータルは、インターネットを使用して誰でもアクセスできるため、組織外の開発者でも、その組織の REST、SOAP、HTTP API にアクセスできます。

Exchange 公開ポータルは、以前の_開発者ポータル_​の代わりに使用されます。

ポータルの外観とコンテンツは、ロゴ、バナー画像、テキスト、およびブラウザタブのお気に入りを追加してカスタマイズできます。

アセットの共有やアセットの説明の更新を行う

Exchange 管理者は、組織外のユーザが識別できるように組織のアセットの説明を編集し、アセットを公開ポータルにパブリッシュして共有できます。

  1. 組織の Exchange インスタンスでアセットを見つけます。

  2. アセットの説明を編集し、アセットをパブリッシュします。

  3. 公開ポータルに戻ってアセットをクリックし、変更を確認します。

他の組織のユーザがポータルにアクセスする方法

公開ポータルは、誰でもログインすることなく表示できます。

Anypoint ユーザは、任意のページで [Login (ログイン)]​ ボタンをクリックして、アセットの確認、アセットのダウンロード、API アクセスを要求するクライアントアプリケーションの作成、API のアクセスなどの機能を使用できます。

お客様の組織ではなく他の Anypoint 組織に属している Anypoint ユーザは、お客様の組織のポータルの_外部ユーザ_​になります。

組織のシステム管理者は、外部ユーザの基本プロファイルのみを表示できます。

基本プロファイルには、次の項目のみがあります。

  • Name (名前)

  • Username (ユーザ名)

  • Email (メール)

  • Primary Organization (プライマリ組織)

外部ユーザは、初めて公開ポータルにログインしようとするときに、この基本プロファイルへの参照のみアクセスを許可するように求められます。この要求を承認すると、ユーザは公開ポータルにログインし、これらの情報が [External Users (外部ユーザ)]​ タブに追加されます。Anypoint Platform でこのタブを表示するには、[Access Management (アクセス管理)]​ > [Users (ユーザ)]​ > [External Users (外部ユーザ)]​ をクリックします。

組織のシステム管理者は、そのタブで各外部ユーザを有効または無効にできます。ユーザはデフォルトで有効になります。無効にすると、公開ポータルにアクセスできなくなります。

組織内のユーザは、外部ユーザがアクセスできない機能 (アプリケーションのデプロイなど) にアクセスできます。組織に参加するように外部ユーザを招待できます。招待されたユーザは、これらの機能を使用できます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!