Exchange 公開ポータル

Exchange では、組織が特定のロゴ、バナー画像、テキスト、およびブラウザタブ のお気に入りアイコンを使用して、組織内で Exchange のカスタマイズされた外部ビューを作成できます。

Exchange 公開ポータルはインターネット上で全員が使用可能で、組織の API を 外部の開発者に提供するために使用されます。Exchange ポータルは、以前は開発者ポータルと 呼ばれていました。Exchange ポータルでは、ポータルの外観とコンテンツをカスタマイズできます。

Exchange 公開ポータルにより、組織は REST、SOAP、および HTTP API を共有できます。

Exchange 管理者は、次のセクションの説明に従って API アセットを公開ポータルで共有できます。

ポータルのアセットの説明を更新する

  1. 組織の Exchange でアセットを見つけます。

  2. アセットの説明を編集し、完了したらアセットをパブリッシュします。

  3. ポータルに戻り、アセットをクリックします。アセットの説明を変更したら、説明は自動的に更新されます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub