アセットの作成

Anypoint Exchange の非公開 Exchange および Exchange ポータルで、API、サンプル、テンプレート、またはコネクタを共有するには、 最初にそのアセットタイプに対応するアセットを作成します。

アセットの作成方法は、そのタイプによって異なります。

  • OAS 2.0、RAML、RAML フラグメント、HTTP、WSDL、カスタムアセットの場合、Exchange の ​[New asset (新規アセット)]​ メニューを使用してアセットを直接作成する。

  • サンプルまたはテンプレートの場合、Anypoint Studio の Maven 化機能を使用して各アセットを作成し、それぞれを Exchange にパブリッシュする。

  • コネクタについては、​「Maven を使用した Exchange アセットのパブリッシュとデプロイ」​を参照。

  • Design Center を使用して API を Exchange にパブリッシュすることで、RAML、OAS および RAML フラグメントをパブリッシュすることも可能。

    これらのアセットタイプをパブリッシュする別の方法は、​Exchange Experience API を使用することです。

  • RAML および OAS API 仕様は、​Anypoint Platform コマンドラインインターフェース (CLI)​ を使用して Exchange にアップロードできます。

    例: ​exchange asset upload --classifier raml --apiVersion v1 --name HelloWorld --mainFile helloworld.raml helloword/1.0.0 /Users/nmouso/Downloads/helloworld.raml.zip

Exchange の各アセットはバージョン管理されています。非表示にするバージョンを非推奨にすることで、表示されるバージョンを管理できます。必要に応じて、バージョンを削除できます。

注意: アセットバージョンに加えて、API にはアセットの詳細画面の上部に表示されるコンシューマ向けの API バージョンがあります。この API バージョンは API プロバイダによって定義されます。

次の図は、各アセットタイプ (緑色) が Exchange でどのように表示されるかをまとめたものです。

図 - Exchange でのアセットの表示方法

API アセットの作成

API アセットは、その関数、説明、戻りコードの処理方法、連動関係など、インターフェースの構成要素を示します。

  1. Exchange で、​[New asset (新規アセット)]​ をクリックします。

  2. アセットの名前を指定します。

  3. ドロップダウンリストから、アセットタイプをクリックします。

    • REST API - RAML: RAML API 仕様ファイルを提供します。RAML 仕様には RAML ファイル (.raml) を使用する必要があります。

    • REST API - OAS: OAS/Swagger 2.0 API 仕様ファイルを提供します(Exchange では OAS 3.0 はサポートされていません)。OAS 仕様には YAML (.yaml) または JSON (.json) ファイルを使用できます。

    • SOAP API - WSDL: WSDL API 仕様ファイルを提供します。SOAP 仕様ファイルには WSDL (.wsdl) または XML (.xml) ファイルを使用できます。

    • API 仕様フラグメント - RAML : API フラグメント RAML 仕様ファイルを提供します。フラグメント仕様には RAML ファイル (.raml) を使用する必要があります。

    • HTTP API - このアセットはファイルを必要としません。このタイプのアセット では、API Manager によって定義された API エンドポイントを提供します。

  4. RAML、API 仕様フラグメント、OAS、WSDL アセットの場合、次の操作を実行します。

    1. [Choose File (ファイルを選択)] をクリックし、API 仕様ファイルを見つけます。

    2. API の メインファイルを選択します。ファイルが zip の場合、メインファイルは zip 内のルートディレクトリにある必要があります。ファイルが zip ファイルではない場合、またはメインファイルが 1 つのみの場合は、自動的に選択されます。

  5. [Publish (パブリッシュ)] をクリックします。

詳細設定

Exchange は GroupId、AssetId、およびバージョンを自動的に生成します。必要に応じて、この値を変換できます。OAS アセットの場合、アセットバージョンと API バージョンを個別に設定できます。

詳細設定は、バージョン番号を変更する場合に頻繁に使用されます。

カスタムアセットの作成

カスタムアセットでは、お知らせ、ドキュメント、動画、ファイルの共有など、組織のあらゆる側面に関する情報を共有できます。ユーザがダウンロードできる省略可能なファイルをカスタムアセットに追加できます。ファイルは Exchange に保存されます。

注意:​ Exchange では、カスタムアセットの省略可能なファイルとして次のファイルの種類のみを使用できます。

画像: ​.jpg, .jpeg, .png, .gif, .svg
ドキュメント: ​.docx, .pdf, .pptx, .rtf, .vsdx, .vssx
圧縮ファイル: ​.zip, .tgz, .jar, .gz, .7z
テキストファイル: ​.txt, .json, .raml, .yaml, .yml, .md, .csv, .xml, .xsd, .wsdl, .html, .pom, .log, .sql

ファイルの種類がないファイルは使用できません。すべてのファイルの種類は大文字と小文字を区別しません。

MuleSoft では、許可されなくなった種類のファイルを含むすべての古いカスタムアセットを削除することをお勧めします。サポートされていないファイルを含むカスタムアセットの場合、そのアセットを削除してファイルを削除します。

カスタムアセットを作成する手順は、次のとおりです。

  1. [New asset (新規アセット)]​ をクリックします。

  2. アセットの名前を指定します。

  3. [Custom Asset Type (カスタムアセットタイプ)] をクリックします。

  4. ファイルをユーザと共有する場合、[Choose File (ファイルの選択)] をクリックしてファイルを見つけます。

  5. [Publish (パブリッシュ)] をクリックします。

既存のアセットへのファイルの追加

アセットへのコントリビュータまたは管理者アクセス権がある場合、既存のアセットにファイルを追加できます。

アセットをクリックし、[Add New Version (新規バージョンを追加)] をクリックします。新規バージョン画面では、アセット名を変更したり、追加するファイルを選択したり、アセットのバージョンを変更したりできます。

アセットへのコントリビュータまたは管理者アクセス権があり、新規バージョンは追加しない場合、組織の Web サーバからファイルを提供し、アセットを編集してアセットの説明にファイルへのリンクを追加します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub