アセットの説明

アセットのポータルを編集したり、その名前、アイコン、説明、タグ、カテゴリ、カスタム項目を変更したり、コンテンツが含まれるポータルページを追加したりできます。

アセットのすべてのバージョンは、同じ名前、アイコン、説明、そして計算された平均評価を持ちます。

アセットの各マイナーバージョンは、自身のタグ、カテゴリ、カスタム項目、そして契約条件のページ (省略可能) などのコンテンツページを持ちます。

Exchange で、アセットリストを開き、アセットを選択します。Exchange には、アセットポータルが表示されます。

アセットポータル名を編集する

  1. アセットポータル名またはその名前の後にあるペンアイコンを選択します。

  2. 新しい名前を入力します。

  3. (省略可能) 変更をキャンセルするには、キャンセルアイコンを選択します。

  4. 新しい名前を保存するには、キーボードの Enter キーまたは Return キーを押すか、チェックアイコンを選択します。

2019 年 8 月リリース前では、アセットの各バージョンに異なる名前を設定できます。2019 年 8 月リリース後では、新しい名前がアセットのすべてのバージョンに適用されます。

アセットアイコンを編集する

  1. アセットアイコンの横にあるペンアイコンを選択します。

  2. 画像を選択します。

  3. (省略可能) アセットアイコンを削除するには、アセットアイコンの横にあるキャンセルアイコンを選択します。

2019 年 8 月リリース前では、アセットの各バージョンに異なるアイコンを設定できます。2019 年 8 月リリース後では、新しいアセットアイコンがアセットのすべてのバージョンに適用されます。

アセットの説明を編集する

  1. アセットの説明の後にあるペンアイコンを選択します。

  2. 新しいアセットの説明を入力します。

  3. (省略可能) 変更をキャンセルするには、キャンセルアイコンを選択します。

  4. 新しい名前を保存するには、チェックアイコンを選択します。

アセットの説明は、アセットのすべてのバージョンに適用されます。

アセットタグを追加する

Exchange では、タグ名でアセットを検索できます。

タグには小文字のみを使用でき、大文字のタグは小文字に変換されます。特殊文字を使用できます。アセットには、任意の数のタグを使用できます。

  1. サイドバーの [Tags (タグ)]​ リストで、[Add a tag (タグを追加)]​ を選択します。

  2. 新しいタグを入力します。

  3. キーボードの Enter キーまたは Return キーを押します。

アセットタグを削除する

タグを削除するには、サイドバーの [Tags (タグ)]​ リストで、タグテキストの横にある [X]​ を選択します。

アセットポータルを編集する

  1. [編集]​ を選択します。

  2. 新しいポータルコンテンツを入力します。

  3. エディタでは、テキストの外観を変更したり、コードサンプル、ブロック引用、水平線を挿入したりできます。

  4. 下記のように画像や動画を追加します。

  5. メインページを作成したら、[Discard changes (変更を破棄)]​ または [Save as draft (ドラフトとして保存)]​ を選択します。. ドラフトの編集と保存はパブリッシュ前に何度でも行えます。ドラフトは、パブリッシュするまで他のユーザには表示されません。アセットにパブリッシュされていないドラフトがある場合、Exchange にはそれを編集するための [Go to draft (ドラフトに移動)]​ ボタンが表示されます。

  6. 下記のようにセカンダリページや契約条件を追加します。

  7. すべてのページを編集して保存したら、[Publish (パブリッシュ)]​ を選択してポータルをパブリッシュします。

  8. これで、アセットポータルが組織内の全員に表示されます。

画像を追加する

画像をコピーして Exchange ページに直接貼り付けることができます。

  1. [編集]​ を選択します。

  2. [Visual (ビジュアル)]​ モードを選択します。

  3. 画像がコンピュータにある場合、その画像を Exchange ページにドラッグするか、コピーして Exchange ページに貼り付けます。

    画像が Web サーバにある場合、画像をコピーして Exchange ページに貼り付けます。

または、エディタで画像アイコンを選択し、Web で使用可能なイラストへの URL を提供することもできます。

マークダウンで、次の構文を使用して Web で提供される画像を参照します。

![some alt text](http://www.example.com/image/png.png)

2019 年 5 月より前にアップロードされた画像は認証せずにアクセスできます。2019 年 5 月以降にアップロードされた画像には認証が必要です。2019 年 5 月より前にアップロードされた画像への未認証のアクセスを無効化するには、その画像をダウンロードし、削除した後に再度アップロードしてください。

セカンダリページを追加する

  1. [編集]​ を選択します。

  2. 左側のナビゲーション領域で、[Add New Page (新規ページを追加)]​ を選択し、キーボードの Enter キーまたは Return キーを押してページを作成します。必要に応じてページをいくつでも作成できます。Exchange ポータルで、[Add Content Pages (コンテンツページを追加)]​ をクリックします。

  3. ページに説明を追加します。セカンダリページでは、メインページと同じオプションがサポートされています。

  4. ページを作成したら、[Save As Draft (ドラフトとして保存)]​ を選択します。

  5. すべてのページを編集して保存したら、[Publish (パブリッシュ)]​ を選択します。

[Edit (編集)] モードでは、ページ名をクリックして左側のナビゲーションバーでページを上下にドラッグすることで、ページを並び替えることができます。

ページ名はすべて検証されます。

  • ページ名の長さは 1 ~ 128 文字までにする必要があります。

  • ページ名に予約済みの名前 home​ は使用できません。

  • ページ名に既存のページ名は使用できません。

  • ページ名に次の文字は使用できません: ​@*+/_\​。

  • ページ名を`.`​で始めることはできません。

契約条件を指定する

  1. アセットを選択し、[Edit (編集)]​ を選択します。

  2. [Add Terms and Conditions (契約条件を追加)]​: 契約条件ボタン を選択します。

  3. エディタを使用して、このアセットの契約条件を指定します。

  4. [Save As Draft (ドラフトとして保存)]​ を選択します。

  5. [Publish (パブリッシュ)]​ を選択します。

契約条件は API アセットでのみ使用できます。ユーザは API アクセス権を要求するときに契約条件に同意するように求められます。

API グループ

API グループのいずれかの API に契約条件ページがある場合、API グループの契約条件ページは削除できず、基礎となる API の契約条件が表示されます。

必要に応じて、API グループの契約条件ページに契約条件を追加できます。

エディタに関する注意

  • リンクコントロールを使用するには、テキストを入力してテキストを選択し、リンクコントロールをクリックしてリンク URL を指定する。

  • 編集中に Exchange セッションがタイムアウトした場合、ページのすべてのテキストを選択して クリップボードにコピーする。再度ログインした後に、コンテンツをページに貼り付けてドラフトを保存できます。タイムアウトが発生すると、保存されていないコンテンツは消去されます。

  • 文字を押したままにして国際文字にアクセス可能。

  • 多数のアセットの説明を編集する場合、アセットをクリックして Exchange から開く代わりに、アセットを右クリックして [Open Link in New Window (新しいウィンドウでリンクを開く)] をクリックし、新しいブラウザウィンドウでアセットを開く。それ以外の場合、アセットをパブリッシュしたら、コントロールは検索条件/検索リストの先頭に戻ります。

  • キーボードショートカット (ビジュアルエディタとマークダウンエディタで動作): 太字: ctrl-b/cmd-b、斜体: ctrl-i/cmd-i、ヘッダー: ctrl-d/cmd-d、ブロック引用: ctrl-e/cmd-e、コードブロック: ctrl-j/cmd-j、段落番号: ctrl-o/cmd-o、箇条書き: ctrl-u/cmd-u、リンクを挿入: ctrl-k/cmd-k。

マークダウンに関する注意

  • Anypoint Exchange は GitHub マークダウンを使用する。GitHub マークダウンでは、Exchange でサポートされていない構文の強調表示以外のすべてが機能します。

  • マークダウンでは、div、button、a、ul、ol、table、p、span、pre、code などの基本的な HTML 5 コード要素がサポートされる。

  • リンクの挿入: ​[MuleSoft.com](http://www.mulesoft.com)​ または:

    [MuleSoft.com][1]
    
    [1]: https://mulesoft.com
  • YouTube 動画の挿入: ​![linkname](https://www.youtube.com/embed/YOUR_YOUTUBE_ID_HERE)
    例: ​![](https://www.youtube.com/embed/K3tuHUZ1J04)

  • Vimeo 動画の挿入: ​[linkname](VIMEO_URL)

  • youtu.be URL へのアセット ID の追加:
    変更前: ​https://youtu.be/EhJM1GawQec
    変更後: ​![](https://www.youtube.com/embed/EhJM1GawQec)

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!