HTTPS API アセットの共有

HTTP API では、非公開 Exchange ユーザがエンドポイントのプレースホルダを指定できます。HTTP API エンドポイントを作成したら、必要に応じて API Manager を使用してエンドポイントを管理できます。

HTTP API アセットには、API エンドポイントの機能、およびユーザがプログラムで使用するために API をどのように利用できるかについての説明が含まれます。

ユーザ は API Manager を利用して Exchange から API をインポートし、プロキシを関連付けてその API のポリシーと SLA を管理できます。

  1. 非公開 Exchange で、[New (新規)] をクリックします。

  2. API に名前を付けて、[Asset Type (アセットタイプ)] で [API - HTTP] をクリックします。

  3. [Publish (パブリッシュ)] をクリックします。

  4. アセットビューで、[Edit (編集)] をクリックして説明を入力します。

  5. [Save As Draft (ドラフトとして保存)] をクリックして [Publish (パブリッシュ)] をクリックします。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub