DataWeave での関数とラムダの操作

DataWeave では、関数とラムダ (匿名関数) を値として渡すか、変数に割り当てることができます。

map などの関数と共に DataWeave ファイルの本文内でラムダを使用する場合、その属性を明示的に名前付けするか、匿名のままにできます。どちらの場合も、ラムダは $$$、などとして参照できます。

関数の宣言および呼び出し

fun キーワードを使用して、DataWeave スクリプトのヘッダーまたは本文内で関数を宣言できます。これで、スクリプトの本文の任意の場所で関数を呼び出すことができます。

関数を参照するには、functionName() または functionName(arg1, arg2, argN) の形式を使用します。

各引数の括弧内で式を渡すことができます。括弧内の各引数を評価し、結果を、関数本文の実行内で使用する引数として渡します。

入力
{
  "field1": "Annie",
  "field2": "Point",
  "field3": "Stuff"
}
変換
%dw 2.0
output application/json
fun toUser(obj) = {
  firstName: obj.field1,
  lastName: obj.field2
}
---
{
  "user" : toUser(payload)
}
出力
{
  "user": {
    "firstName": "Annie",
    "lastName": "Point"
  }
}

Var へのラムダの割り当て

var を介して定数ディレクティブを使用して、関数を変数として定義できます。

入力
{
  "field1": "Annie",
  "field2": "Point",
  "field3": "Stuff"
}
変換
%dw 2.0
output application/json
var toUser = (user) -> {
  firstName: user.field1,
  lastName: user.field2
}
---
{
  "user" : toUser(payload)
}
出力
{
  "user": {
    "firstName": "Annie",
    "lastName": "Point"
  }
}

ラムダでの名前付きパラメータの使用

次の例では、name として明示的に名前付けされた属性と共にラムダを使用します。

入力
%dw 2.0
output application/json
var names = ["john", "peter", "matt"]
---
users: names map((name) -> upper(name))
変換
{
  "users": ["JOHN","PETER","MATT"]
}

ラムダでの匿名パラメータの使用

次の例では、明示的に名前付けされていないためにデフォルトで $ として参照される属性と共にラムダを使用します。

変換
%dw 2.0
output application/json
var names = ["john", "peter", "matt"]
---
users: names map upper($)
出力
{
  "users": ["JOHN","PETER","MATT"]
}

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub