filterObject

filterObject({ (K)?: V }, (value: V, key: K, index: Number) -> Boolean): { (K)?: V }

オブジェクトを絞り込んで criteria (条件) を満たすキー-値ペアを保持します。

条件 (ラムダ式) には 3 つのパラメータ value (値)、key (キー)、 index (インデックス) があります。値は $、キーは $$、 インデックスは $$$ で参照できます。

パラメータ

Name (名前) 説明

value

入力オブジェクト。

criteria

キー-値ペアを保持するかどうか判断する式。

次の例では、値が "a" と等しいキー-値ペアのみを保持します。

ソース

%dw 2.0
output application/json
---
{"letter1": "a", "letter2": "b"} filterObject ((value) -> value == "a")

出力

{
  "letter1": "a"
}

次の例では、キーが「letter」で開始するキー-値ペアのみを保持します。

ソース

%dw 2.0
output application/json
---
{"letter1": "a", "letter2": "b", "id": 1} filterObject ((value, key) -> key startsWith "letter")

filterObject(Null, (value: Nothing, key: Nothing, index: Nothing) -> Boolean): Null

filterObject を null 値に使用できるようにするヘルパー関数。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub