write

write(Any, String, Object): String | Binary

指定された値を特定の形式で (文字列またはバイナリとして) 記述します。

指定された mimeType (形式) での値のシリアル化表現の文字列またはバイナリを返します。 XML 内に JSON/CSV のデータを埋め込むなど、一部のデータをスクリプト出力とは異なる形式にする必要があるときに、この関数を使用できます。

パラメータ

Name (名前) 説明

value

記述する値。サポート対象の任意のデータ型の値を使用できます。

contentType

記述するサポート対象の形式 (またはコンテンツタイプ)。デフォルト: application/dw

writerProperties

省略可能: ライター設定プロパティを設定します。ライター設定プロパティ (およびその他のコンテンツタイプ) についての詳細は、 「Formats Supported by DataWeave (DataWeave でサポートされる形式)」を参照してください。

次の例では、JSON 入力を取り込み、ペイロードを CSV 形式で記述します。区切り文字にはパイプ (|) を使用し、ヘッダー (JSON オブジェクトのキーと一致する) を含めます。 スクリプトで "header":false を使用すると、出力には Name|Email|Id|Title ヘッダーが含まれません。

入力

[
  {
    "Name": "Mr White",
    "Email": "white@mulesoft.com",
    "Id": "1234",
    "Title": "Chief Java Prophet"
  },
  {
    "Name": "Mr Orange",
    "Email": "orange@mulesoft.com",
    "Id": "4567",
    "Title": "Integration Ninja"
  }
]

ソース

%dw 2.0
output application/xml
---
{
  "output" : write(payload, "application/csv", {"header":true, "separator" : "|"})
}

出力

<?xml version="1.0" encoding="US-ASCII"?>
<output>Name|Email|Id|Title
Mr White|white@mulesoft.com|1234|Chief Java Prophet
Mr Orange|orange@mulesoft.com|4567|Integration Ninja
</output>

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub