duration

duration(() -> T): DurationMeasurement<T>

関数を実行し、オブジェクトとかかった時間 (ミリ秒) を関数の結果と共に返します。

パラメータ

Name (名前) 説明

valueToMeasure

duration に渡す関数。

次の例では、wait 関数 (ヘッダーで定義) を渡し、結果を DurationMeasurement オブジェクトで返します。

ソース

%dw 2.0
output application/json
fun myFunction() = dw::Runtime::wait("My result",100)
---
dw::util::Timer::duration(() -> myFunction())

出力

{
  "time": 101,
  "result": "My result"
}

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub