some

some(Array<T>, (T) -> Boolean): Boolean

リスト (配列) 内のある要素が指定された条件に一致すると true を返します。

この関数は、配列内の要素が最初に一致したところで反復を停止します。

パラメータ

Name (名前) 説明

list

入力配列。

condition

配列の要素の照合に使用される条件 (式)。

次の例では、入力配列の要素にさまざまな式を適用します。 $ は、 要素の値を参照します。

ソース

 %dw 2.0
 import * from dw::core::Arrays
 output application/json
 ---
 { "results" : [
     "ok" : [
       [1,2,3] some (($ mod 2) == 0),
       [1,2,3] some (($ mod 2) == 1),
       [1,2,3,4,5,6,7,8] some (log('should stop at 2 ==', $) == 2),
       [1,2,3] some ($ == 1),
       [1,1,1] some ($ == 1),
       [1] some ($ == 1)
     ],
     "err" : [
       [1,2,3] some ($ == 100),
       [1] some ($ == 2)
     ]
   ]
}

出力

{
   "results": [
     {
       "ok": [ true, true, true, true, true, true ]
     },
     {
       "err": [ false, false ]
     }
   ]
 }

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub