++

++(Array<S>, Array<T>): Array<S | T>

2 つのリスト (配列) の要素を連結して新しいリストにします。

2 つの配列に含まれる要素の型が異なる場合、作成される配列内には Array<S> (配列 <S>) に含まれるすべての S 型の要素の後に Array<T> (配列 <T>) に含まれるすべての T 型の要素が続きます。どちらの配列でも、複数の型の要素を混在させることができます。配列には、 サポート対象であればどのデータ型でも含めることができます。

パラメータ

Name (名前) 説明

source

ソースリスト (Array (配列))。

with

ソースリストに連結するリスト。

次の例では、Array<Number>Array<String> に連結します。

ソース

%dw 2.0
output application/json
---
{
  "result" : [0, 1, 2] ++ ["a", "b", "c"]
}

出力

{
  "result": [0, 1, 2, "a", "b", "c"]
}

ソース

%dw 2.0
output application/json
---
{
  "a" : [0, 1, true, "my string"] ++ [2, [3,4,5], {"a": 6}]
}

出力

{
  "a": [0, 1, true, "my string", 2, [3, 4, 5], { "a": 6}]
}

++(String, String): String

2 つの文字列の文字を連結します。

文字列は文字の配列として扱われるため、++ 演算子は各文字列の文字を 1 文字の文字列からなる配列であるかのように 連結します。

パラメータ

Name (名前) 説明

source

ソース文字列。

with

ソース文字列に連結する文字列。

次の例では、MuleArray<String> ["M", "u", "l", "e"] として扱われます。

ソース

%dw 2.0
output application/json
---
{
  "name" : "Mule" ++ "Soft"
}

出力

{
  "name": MuleSoft
}

++(Object, Object): Object

2 つのオブジェクトを連結して、1 つのフラット化したオブジェクトを返します。

++ 演算子は各オブジェクトからすべてのキー-値ペアを抽出し、 まとめて結合し、1 つのオブジェクトにします。

パラメータ

Name (名前) 説明

source

ソースオブジェクト。

with

ソースオブジェクトに連結するオブジェクト。

次の例では、2 つのオブジェクトを連結し、XML に変換します。

ソース

%dw 2.0
output application/xml
---
"concat" : {aa: "a", bb: "b"} ++ {cc: "c"}

出力

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<concat>
  <aa>a</aa>
  <bb>b</bb>
  <cc>c</cc>
</concat>

++(Date, LocalTime): LocalDateTime

LocalTime (ローカル時刻) を Date (日付) に付加して LocalDateTime (ローカル日時) 値を返します。

Date (日付) および LocalTime (ローカル時刻) インスタンスは、標準 Java 表記を パイプ (|) 記号で囲んで記述します。結果は、標準 Java 形式の LocalDateTime (ローカル日時) オブジェクトです。2 つのオブジェクトが連結される順序に 意味はないため、論理的には Date LocalTime` と `LocalTime Date の結果は同じになります。

パラメータ

Name (名前) 説明

date

Date (日付)。

time

LocalTime (ローカル時刻)。タイムゾーンなしの時刻形式。

次の例では、Date (日付) オブジェクトと LocalTime (ローカル時刻) オブジェクトを 連結して、LocalDateTime (ローカル日時) を返します。

ソース

%dw 2.0
output application/json
---
{
  "LocalDateTime" : (|2017-10-01| ++ |23:57:59|)
}

出力

{
   "LocalDateTime": "2017-10-01T23:57:59"
}

++(LocalTime, Date): LocalDateTime

LocalTime (ローカル時刻) を Date (日付) に付加して LocalDateTime (ローカル日時) を返します。

2 つのオブジェクトが連結される順序に 意味はないため、論理的には LocalTime Date` と `Date LocalTime の結果は同じになります。

次の例では、LocalTime (ローカル時刻) オブジェクトと Date (日付) オブジェクトを 連結して、LocalDateTime (ローカル日時) を返します。

パラメータ

Name (名前) 説明

time

LocalTime (ローカル時刻)。タイムゾーンなしの時刻形式。

date

Date (日付)。

ソース

%dw 2.0
output application/json
---
{
   "LocalDateTime" : (|23:57:59| ++ |2003-10-01|)
}

出力

{
   "LocalDateTime": "2017-10-01T23:57:59"
}

++(Date, Time): DateTime

Date (日付) を`Time` (時刻) に付加して DateTime (日時) を返します。

2 つのオブジェクトが連結される順序に意味はないため、 論理的には Date (日付) + Time (時刻) と Time (時刻) + Date (日付) の結果は同じになります。

パラメータ

Name (名前) 説明

date

Date (日付)。

time

Time (時刻)。タイムゾーン (Z または HH:mm) を含めることができる時刻形式。

次の例では、Date (ローカル時刻) オブジェクトと Time (日付) オブジェクトを 連結して、DateTime (ローカル日時) を返します。

ソース

%dw 2.0
output application/json
---
{
  "DateTime" : |2017-10-01| ++ |23:57:59-03:00|,
  "DateTime2" : |2017-10-01| ++ |23:57:59Z|
}

出力

{
  "DateTime": "2017-10-01T23:57:59-03:00",
  "DateTime2": "2017-10-01T23:57:59Z"
}

++(Time, Date): DateTime

Date (日付) を`Time` (時刻) オブジェクトに付加して DateTime (日時) を返します。

2 つのオブジェクトが連結される順序に意味はないため、 論理的には Date (日付) + Time (時刻) と Time (時刻) + Date (日付) の結果は同じになります。

パラメータ

Name (名前) 説明

time

Time (時刻)。タイムゾーン (Z または HH:mm) を含めることができる時刻形式。

date

Date (日付)。

次の例では、Time (時刻) オブジェクトと Date (日付) オブジェクトを 連結して、DateTime (日時) オブジェクトを返します。最初の LocalTime (ローカル時刻) オブジェクトは Time (時刻) に変更されています。

ソース

%dw 2.0
output application/json
---
{
  "DateTime1" : (|23:57:59| as Time) ++ |2017-10-01|,
  "DateTime2" : |23:57:59Z| ++ |2017-10-01|,
  "DateTime3" : |23:57:59+02:00| ++ |2017-10-01|
}

出力

{
  "DateTime1": "2017-10-01T23:57:59Z",
  "DateTime2": "2017-10-01T23:57:59Z",
  "DateTime3": "2017-10-01T23:57:59+02:00"
}

++(Date, TimeZone): DateTime

TimeZone (タイムゾーン) を Date (日付) 型の値に付加して DateTime (日時) の結果を返します。

パラメータ

Name (名前) 説明

date

Date (日付)。

timezone

TimeZone (タイムゾーン) (Z または HH:mm)。

次の例では、Date (日付) と TimeZone (タイムゾーン) (-03:00) を連結して、 DateTime (日時) を返します。DateTime (日時) のローカル時刻は 00:00:00 (深夜 0 時) です。

ソース

%dw 2.0
output application/json
---
{ "DateTime" : (|2017-10-01| ++ |-03:00|) }

出力

{
  "DateTime": "2017-10-01T00:00:00-03:00"
}

++(TimeZone, Date): DateTime

Date (日付) を`TimeZone` (時刻) に付加して DateTime (日時) を返します。

パラメータ

Name (名前) 説明

date

Date (日付)。

timezone

TimeZone (タイムゾーン) (Z または HH:mm)。

次の例では、TimeZone (タイムゾーン) (-03:00) と Date (日付) を連結して、 DateTime (日時) を返します。DateTime (日時) のローカル時刻は 00:00:00 (深夜 0 時) です。

ソース

%dw 2.0
output application/json
---
{ "DateTime" : |-03:00| ++ |2017-10-01| }

出力

{
  "DateTime": "2017-10-01T00:00:00-03:00"
}

++(LocalDateTime, TimeZone): DateTime

TimeZone (日付) を`LocalDateTime` (時刻) に付加して DateTime (日時) を返します。

パラメータ

Name (名前) 説明

dateTime

LocalDateTime (ローカル時刻)。タイムゾーンなしの日時。

timezone

TimeZone (タイムゾーン) (Z または HH:mm)。

次の例では、LocalDateTime (日付) と TimeZone (タイムゾーン) (-03:00) を連結して、 DateTime (日時) を返します。

ソース

%dw 2.0
output application/json
---
{ "DateTime" : (|2003-10-01T23:57:59| ++ |-03:00|) }

出力

{
  "DateTime": "2003-10-01T23:57:59-03:00"
}

++(TimeZone, LocalDateTime): DateTime

LocalDateTime (日付) を`TimeZone` (時刻) に付加して DateTime (日時) を返します。

パラメータ

Name (名前) 説明

dateTime

LocalDateTime (ローカル時刻)。タイムゾーンなしの日時。

timezone

TimeZone (タイムゾーン) (Z または HH:mm)。

次の例では、TimeZone (タイムゾーン) (-03:00) と LocalDateTime (日付) を連結して、 DateTime (日時) を返します。

ソース

%dw 2.0
output application/json
---
{ "TimeZone" : (|-03:00| ++ |2003-10-01T23:57:59|) }

出力

{
  "TimeZone": "2003-10-01T23:57:59-03:00"
}

++(LocalTime, TimeZone): Time

TimeZone (日付) を`LocalTime` (時刻) に付加して Time (日時) を返します。

パラメータ

Name (名前) 説明

time

LocalTime (ローカル時刻)。タイムゾーン付きの時刻形式。

timezone

TimeZone (タイムゾーン) (Z または HH:mm)。

次の例では、LocalTime (日付) と TimeZone (タイムゾーン) (-03:00) を連結して、 Time (日時) を返します。出力では、未指定の秒には :00 が返されています。

ソース

%dw 2.0
output application/json
---
{ "Time" : (|23:57| ++ |-03:00|) }

出力

{
  "Time": "23:57:00-03:00"
}

++(TimeZone, LocalTime): Time

LocalTime (日付) を`TimeZone` (時刻) に付加して Time (日時) を返します。

パラメータ

Name (名前) 説明

time

LocalTime (ローカル時刻)。タイムゾーンなしの時刻形式。

timezone

TimeZone (タイムゾーン) (Z または HH:mm)。

次の例では、TimeZone (タイムゾーン) (-03:00) と LocalTime (日付) を連結して、 Time (日時) を返します。出力では、未指定の秒には :00 が返されています。

ソース

%dw 2.0
output application/json
---
{ "Time" : (|-03:00| ++ |23:57|) }

出力

{
  "Time": "23:57:00-03:00"
}

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub