DataWeave リファレンス

DataWeave 関数はモジュールにパッケージ化されています。コア (dw::Core) モジュールの関数は、自動的に DataWeave スクリプトにインポートされます。その他のモジュールを使用するには、DataWeave スクリプトの先頭に次のようなインポートディレクティブを追加することによって、使用するモジュールまたは関数をインポートする必要があります。

  • import dw::core::Strings

  • import camelize, capitalize from dw::core::Strings

  • import * from dw::core::Strings

モジュールのインポート方法は、DataWeave スクリプトから関数をコールする方法に影響します。ディレクティブでインポートする関数を具体的にリストしない場合や * from を使用して関数モジュールのすべての関数をインポートする場合は、スクリプトから関数をコールするときにモジュールを指定する必要があります。たとえば、次のインポートディレクティブでは String モジュールからインポートする関数が指定されていないため、pluralize 関数をコールするときには Strings::pluralize("box") のようになります。

変換
%dw 2.0
import dw::core::Strings
output application/json
---
{ 'plural': Strings::pluralize("box") }

次の例では、String モジュールからインポートする特定の関数が指定されているため、pluralize("box") のようにメソッドをコールできます。

変換
%dw 2.0
import pluralize from dw::core::Strings
output application/json
---
{ 'plural': pluralize("box") }

次の例では、String モジュールからすべての関数がインポートされるため、pluralize("box") のようにメソッドをコールできます。

変換
%dw 2.0
import * from dw::core::Strings
output application/json
---
{ 'plural': pluralize("box") }

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!