countBy

countBy(Array<T>, (T) -> Boolean): Number

リスト (配列) 内の、関数の結果と一致する要素をカウントします。

パラメータ

Name (名前) 説明

array

照合する要素が含まれる入力配列。

matchingFunction

入力配列の要素に適用される関数。

次の例では、配列内にある、matchingFunction ((($ mod 2) == 0)) の結果と等しい値を カウントします。

ソース

 %dw 2.0
 import * from dw::core::Arrays
 output application/json
 ---
{ "countBy" : [1, 2, 3, 4] countBy (($ mod 2) == 0) }

出力

{ "countBy": 2 }

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub