hashWith

hashWith(Binary, String): Binary

指定されたアルゴリズムを使用してバイナリコンテンツのハッシュを計算します。

これらの名前を algorithm 引数として使用できます。

Name (名前) 説明

MD2

RFC 1319 [http://www.ietf.org/rfc/rfc1319.txt] で定義される MD2 メッセージダイジェストアルゴリズム。

MD5

RFC 1321 [http://www.ietf.org/rfc/rfc1321.txt] で定義される MD5 メッセージダイジェストアルゴリズム。

SHA-1、SHA-256、SHA-384、SHA-512

FIPS PUB 180-2 [http://csrc.nist.gov/publications/fips/index.html] で定義されるハッシュアルゴリズム。SHA-256 は衝突攻撃に対する 128 ビットのセキュリティを提供するための 256 ビットハッシュ関数で、SHA-512 は 256 ビットのセキュリティを提供するための 512 ビットハッシュ関数です。384 ビットハッシュは、SHA-512 の出力を切り捨てることによって取得できます。

パラメータ

Name (名前) 説明

content

暗号化するバイナリ入力値。

algorithm

content を暗号化するために使用するアルゴリズムの名前。この値は String です。デフォルトは SHA-1 です。

次の例では、MD2 アルゴリズムを使用してバイナリ値を暗号化します。

ソース

%dw 2.0
import dw::Crypto
output application/json
---
{ "md2" : Crypto::hashWith("hello" as Binary, "SHA-256") }

出力

{ "md2": "\ufffd\u0004ls\ufffd\u00031\ufffdh\ufffd}8\u0004\ufffd\u0006U" }

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub