Core 型 (dw::Core)

定義 説明

Any (任意)

type Any = Any

最上位型。Any はすべてのシステム型を拡張します。つまり、Any 型の変数には任意のものを割り当てることができます。

Array (配列)

type Array = Array

配列型。Type(T) によってリストの要素を表す必要があります。 例: Array<Number> は数値の配列を表し、Array<Any> は任意の型の配列を表します。

Binary (バイナリ)

type Binary = Binary

blob。

Boolean (ブール)

type Boolean = Boolean

true または falseBoolean 型。

CData

type CData = String {cdata: true}

XML は、String から拡張され、CDATA XML ブロックを識別するために使用される CData カスタム型を定義します。

CDATA 内でコンテンツをラップするか、CDATA ブロック内に入力文字列が到達したかどうかを確認するように、これを使用してライターに指示することができます。:cdata は型 :string から継承されます。

ソース

%dw 2.0
output application/xml
---
{
  "users" :
  {
    "user" : "Mariano" as CData,
    "age" : 31 as CData
  }
}

出力

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<users>
  <user><![CDATA[Mariano]]></user>
  <age><![CDATA[31]]></age>
</users>

Comparable (比較可能)

type Comparable = String | Number | Boolean | DateTime | LocalDateTime | Date | LocalTime | Time | TimeZone

互いに比較できるすべての型を表す結合型。

Date (日付)

type Date = Date

年、月、日で表される日付。例: |2018-09-17|

DateTime

type DateTime = DateTime

TimeZone 内での DateTime。例: |2018-09-17T22:13:00Z|

Dictionary (ディクショナリ)

type Dictionary = { _?: T }

汎用ディクショナリインターフェース。

Enum (列挙)

type Enum = String {enumeration: true}

この型は Enum Java クラスに基づきます。

常に class プロパティと共に使用する必要があります。このプロパティは、次の例に示すように完全な Java クラス名を指定します。

ソース

%dw 2.0
output application/java
---
"Male" as Enum {class: "com.acme.GenderEnum"}

Iterator (イテレータ)

type Iterator = Array {iterator: true}

この型は、 iterator Java クラスに基づきます。 イテレータにはコレクションと、その反復処理と絞り込みを行うメソッドが含まれます。

Java クラスと同様に、Iterator は 1 回のみコンシュームされるように設計されています。たとえば、この型を ロガーコンポーネントに渡すと、ロガーによってコンシュームされるため、フロー内のそれ以降の要素が参照することはできなくなります。

Key (キー)

type Key = Key

Object のキー。

LocalDateTime

type LocalDateTime = LocalDateTime

現在の TimeZone 内の DateTime。例: |2018-09-17T22:13:00|

LocalTime

type LocalTime = LocalTime

現在の TimeZone 内の Time。例: |22:10:18|

NaN

type NaN = Null {NaN: true}

java.lang.Floatjava.lang.Double には、NaNInfinit の特殊なケースがあります。 DataWeave では、数値が多倍精度である性質から、これらの概念はありません。 そのため、DataWeave 値にマップされると、スキーママーカーを使用して Null にラップされます。

Namespace (名前空間)

type Namespace = Namespace

URI とプレフィックスで表される Namespace 型。

Nothing (空)

type Nothing = Nothing

ボトム型。この型は、すべての型に割り当てることができます。

Null

type Null = Null

Null 型。

Number (数値)

type Number = Number

数値型。数値型で表される任意の数値、10 進数、または整数。

Object (オブジェクト)

type Object = Object

Key と値のペアのコレクションである任意のオブジェクトを表す型。

Period (期間)

type Period = Period

期間。

Range (範囲)

type Range = Range

Range 型は、一連の数値を表します。

Regex (正規表現)

type Regex = Regex

正規表現型。

SimpleType

type SimpleType = String | Boolean | Number | DateTime | LocalDateTime | Date | LocalTime | Time | TimeZone | Period

すべての単純型を表す結合型。

String (文字列)

type String = String

これは、DataWeave のネイティブ型です。

??? 定義を使用できる唯一の型です。

Time (時刻)

type Time = Time

特定の TimeZone での時刻。例: |22:10:18Z|

TimeZone

type TimeZone = TimeZone

タイムゾーン。

Type (型)

type Type = Type

DataWeave 型システムの型。

Uri

type Uri = Uri

URI。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub