フローでのデータ型の定義および使用 (Flow Designer)

フローの各カードには特定の型の入力データが必要です。また、各カードは特定の型のデータを出力します。フローを構築する場合、カードが入力として必要とするデータ型と、カードが出力として生成するデータ型を指定する必要があります。これにより、フローの各カードで必要とされるデータ型を把握できるため、作成するフローを容易に計画できます。

データ型​は、入力と出力に含まれるデータの形式と構造を Flow Designer に説明するものです。Flow Designer では、シンプルとカスタムの 2 つのカテゴリのデータ型がサポートされます。これらのカテゴリについての詳細は、次のトピックを参照してください。

手順

データ型を定義および使用する方法はいくつかありますが、チュートリアル​「Flow Designer での最初の Mule アプリケーションの作成」​で使用されている方法をお勧めします。

  1. [Project (プロジェクト)]​ ペインの見出し ​[Data Types (データ型)]​ の右にあるプラス記号をクリックします。

  2. [New Type (新しい型)]​ ダイアログでデータ型を定義します。

    結果:​ ​[Project (プロジェクト)]​ ペインの ​[Data Types (データ型)]​ セクションに新しいデータ型が表示されます。

  3. データ型を使用する必要があるフロー内の場所で、次の手順を実行します。

    • カードへの入力のデータ型を使用するには、カードを開き、カードの上部にある ​[Input (入力)]​ タブを選択して、​[Data type (データ型)]​ ドロップダウンリストからデータ型を選択します。

    • カードの出力のデータ型を使用するには、カードを開き、カードの上部にある ​[Output (出力)]​ タブを選択して、​[Data type (データ型)]​ ドロップダウンリストからデータ型を選択します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!