項目での DataWeave 式の作成 (Flow Designer)

式をテキストと混在した、または式を単独で使用した DataWeave 式をカードの項目内で作成し、実行時にフローがトリガされた時点で動的な値を作成できます。新しいエディタには、式の作成を補助する機能があります。

このタスクについて

フローの各カードは、右側にあるリストに対応します。リストの最初のエントリには Custom Expression というラベルが付いています。(リストの他のエントリは、カードの前に最低 1 つの他のカードが存在する場合に表示されます。ただし、このタスクで必要なのは Custom Expression エントリのみです。)

手順

  1. 項目に DataWeave 式を追加するカードを開きます。

  2. カードの右側にあるリストで Custom Expression をクリックして、項目までドラッグします。

    [Custom Expression (カスタム式)] 要素をドラッグすると、ドロップ先として選べる項目の境界線が強調表示されます。

  3. expression エントリの矢印をクリックし、エントリの下に表示されるウィンドウで [Expand (展開)] をクリックします。

  4. エディタの右側に表示されるヘルプを参照しながら仕置きを作成します。

    • [Add Data (データの追加)] ペインで、式に追加するペイロード要素、属性、および変数を選択します。いずれかをクリックすると、式中のカーソル位置に挿入されます。

    • [Add Functions (関数の追加)] ペインで、式に追加する DataWeave 関数を選択します。いずれかをクリックすると、式中のカーソル位置に挿入されます。関数をクリックすると、その説明も表示されます。

関連情報

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!